スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slow Heights

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(2010/01/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


これだから紹介文はあてにならない、と思う、たまに。

四回手にとって、裏を読んで、三回返しました。
どうも読みたいと感じている内容と違う気がして。

その日も、別に単行本と雑誌をもって売り場に並ぼうとしたところで偶然手にとって。
久しぶりに小説を読もうと思って一緒に買って・・・

珍しく自分の衝動買いの癖をいいものだと思いました。
今年はもう小説読まなくてもいいやってぐらい大満足、読みますが。

辻村さんの作品は初めて読んだのですが、
作家のことも作品のことも全く何も知らずに読めたことも幸せ。
素敵な作品には属性なんて関係ないんです。
何も知らずに読めるのは一作だけ。
この感覚は本読みにしかわからない・・・と思ったけど音楽でもよくあるや。

本が好きな方は一度手に取ってみてください。。。

作家とは厄介な生き物である。
それは彼ら彼女らがどうしようもなく人間だからだ。
(『スロウハイツの神様』辻村深月/文庫版解説)

数週間ほど新曲/うたみたラッシュです。追いつけません。
なので、一曲一曲染み込ませるように。


(envy./F9)
サムネが可愛くてたまりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。