Books

ひと呼吸


それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
(2009/09)
吉田 篤弘

商品詳細を見る


この本を読んでいるあいだ、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。
面白いやすごいではなくて、幸せ。

スープ、作りたくなりますよ。
スポンサーサイト

Slow Heights

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(2010/01/15)
辻村 深月

商品詳細を見る


これだから紹介文はあてにならない、と思う、たまに。

四回手にとって、裏を読んで、三回返しました。
どうも読みたいと感じている内容と違う気がして。

その日も、別に単行本と雑誌をもって売り場に並ぼうとしたところで偶然手にとって。
久しぶりに小説を読もうと思って一緒に買って・・・

珍しく自分の衝動買いの癖をいいものだと思いました。
今年はもう小説読まなくてもいいやってぐらい大満足、読みますが。

辻村さんの作品は初めて読んだのですが、
作家のことも作品のことも全く何も知らずに読めたことも幸せ。
素敵な作品には属性なんて関係ないんです。
何も知らずに読めるのは一作だけ。
この感覚は本読みにしかわからない・・・と思ったけど音楽でもよくあるや。

本が好きな方は一度手に取ってみてください。。。

作家とは厄介な生き物である。
それは彼ら彼女らがどうしようもなく人間だからだ。
(『スロウハイツの神様』辻村深月/文庫版解説)

ロスタイム

もういっかいっ
(さくらんぼ/大塚愛)


>少し早いですが今回で書き納め。
なんて素直な性格なわけがなく・3・
と思ったらしっかりばれちゃってたり(ノ∀`*)

ということで、年末のコタツのお供でも。

有頂天家族有頂天家族
(2007/09/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

阿呆な狸の話でも読みながら、年越しするのもいいかもしれませんね(*´∀`*)

活字ダメですって方はこちら。

信じてくれないなら届けてあげないんだからっ

白と黒のその間に/無限の色が広がってる
君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら
ほら 一番きれいな色/今 君に贈るよ

(GIFT/Mr.Children)


鍵っ子だった低学年のころはずっと図書館にいました。
読んでたものはもっぱら「○○の不思議」といったもの。

それと同じぐらい好きだったのが絵本。
14匹やばばばあちゃんなどのシリーズものをずっと読んでいました。

さてさて明日はクリスマス。今日はただの平日。
クリスマスにちなんだ絵本ってたくさんあるので、
みなさんも一つぐらいは読んだことがあるはず。


誰でもみんな少女だった

自分の好きな人達が寂しい顔してたら
自分が寂しいより悲しいでしょ?

(天使なんかじゃない/矢沢あい)


私の周りが少女漫画をよく読む人たちばかりだったので、
すっかりそれが一般的だと思っていたら、
どうやらあまり読んだことがないとか、
買うのが恥ずかしいとかいう人もいるそうで。

エロ本買うのは平気なのにね

ってーことで、少しだけ紹介!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。